ウォーターサーバー問題

人気記事ランキング

ホーム > コーチング > 『コーチング』に対して「ティーチング」のデメリット

『コーチング』に対して「ティーチング」のデメリット

自分が指導される側だと仮定して、

「ティーチング」されたときには、指導者の言うように行動する必要があります。

反対に「コーチング」されたときには、自分で答えを出しながら成長していく必要があります。


ティーチングの最大デメリットは、

能力のある人の芽を摘んでしまうことがあるということです。

自分がリーダーになれる才覚のある人にとっては、みんなと同じように動けと言われるのは苦痛になることがあるからです。


「ティーチング」では、「コーチング」に比べ、

指導者と指導される側の距離があるため、

ひとりひとりの才能に気付くことが困難な場合があります。

ずっとその環境に置かれることによって、

徐々にやる気がなくなってしまうという危険性があると言えるでしょう。

 

コーチング」と「ティーチング」のどちらを用いた方が自分にとって、または、指導する相手にとって良いのかを考え、使い分けていく必要があります。