ウォーターサーバー問題

人気記事ランキング

ホーム > 現金化 > ショッピング枠を現金に換金することの違法性やリスクなどについて

ショッピング枠を現金に換金することの違法性やリスクなどについて

ショッピング枠を現金に換金するというクレジットカード現金化は法律の専門家の間でも違法か合法かで意見が分かれますが、カード利用停止になるというリスクがあります。
クレジットカード現金化の一つとして、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を自分で店などを探して売りに行って現金を得るという方法があります。
自分で現金化を行うとやり方次第で換金率を高くすることができるので、少しでも高い利益を上げようとします。
ブランド品やゲーム機や商品券や金券などは比較的高く買い取ってもらえるので、そのような商品をまとめ買いして換金する人がいます。
ただし、転売目的でクレジットカードを使うことを禁止しているカード会社は多く、ゲーム機や商品券などをまとめ買いするとカード会社から転売の疑いをかけられます。
その結果、カード利用停止になる場合があります。
一方、現金化業者を利用してクレジットカード現金化を行うという方法もあり、こちらの場合もカード利用停止になるリスクが少なからず存在します。
利用停止であれば再開できる可能性もありますが、場合によってはカード会員を退会させられるというリスクもあります。
現金化業者からショッピング枠で商品を購入してキャッシュバックを受ける際は、手数料が別途かかるので最終的な換金率は80%以下になります。
稀に悪徳業者も存在するので、還元率が95%とか高く設定されている場合には疑問を持った方が良いです。
インターネットで念入りに業者の情報を調べたうえで、業者を選ぶことが大切です。

評判の高いネオギフト


タグ :