ウォーターサーバー問題

人気記事ランキング

ホーム > 水泳 > 世界のトップスイマーの泳ぎとは?

世界のトップスイマーの泳ぎとは?

オリンピックなどでの世界のトップスイマーのクロールの泳ぎを見ると、常にフラットでぶれることがありませんね。
まるで水面を滑っているように泳いでいます。その秘密は、左右に重心を切り替えながら泳いでいることだと思います。右手で水をかいている時は右肩から腰にかけた軸に体重を乗せて、左手で行う時には素早く左の軸に重心を移動させています。
イメージとしては、左右の半身を交互に前へ伸ばすといった感じです。
トップスイマーの泳ぎを進行方向から見ると、身体は左右に回転させながら泳いでいるように見えるかもしれません。
ですが、それは軌道上そう見えるだけであって、実際には右と左の軸に交互に体重を乗せる動きをしようとしたことで、身体がローリングしているように見えるだけです。
アジアでは韓国のパク・テファンが2軸スイマーです。
世界選手権のメルボルン大会での男子400m自由形で、韓国人で初となる金メダルを獲得しました。
身体もブレることなく、キックも素晴らしく、まるでモーターボードのようでした。
世界大会に出場するようなトップスイマーに、身体を回転させながら泳ぐ選手は今はいないでしょう。
ボディポジションがしっかり決まって泳いでいます。
では、そんなトップスイマーたちの泳ぎ方を習得することはできないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。しっかり動作を理解して、正しくイメージして泳ぐようにすれば誰もが身につけることが出来るのです。
これから覚えようとしている方なら、変な癖もついていないのでマスターするのが早いかもしれませんよ!!